おれの成功哲学

挑戦し続けること

「誰にも嫌われたくない」という理想の自分がイライラの原因だった。

 

 

f:id:Aki-ro:20190817114351p:plain

 

 

 

先日、実家から飛行機で変える途中に、何か機内で読めるものはないかと
電子書籍で本を探した。

 

圧倒的なレビューの評価に思わず購入して読んだ本がこれだ。

 

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業

 

億万長者とは書いてあるが、特に金持ちの話などは出てこない。

 

世の中の成功者たちが数百万円払って受けるセミナーなどで行われている
メソッドのようだ。

 

 

ざっと30分ほどで流し読みしたのだがその内容がとてもためになった。

この本はメンタルが弱い人たちを元気付ける類のものではない。

 

自分の心のモヤモヤ、イライラの正体を気づかせ、
それを沈める方法が書いてある。


自己啓発本は数百冊は読んできた俺であるが、
この本を読んでの「気づき」は初めてだった。

 

 

今日は本の内容と、自分が気づいたことをシェアしたい。

 

「世界中の億万長者がたどりつく心の授業」

によると、イライラやモヤモヤを消すためにはいくつかステップがある。

 

1.自分の気持ちが落ち込み、イライラモヤモヤしている状態をまずは認識する。

 

自分がそういう精神状態であることを認知しなければそりゃ話は進まない。

 

2.イライラ、モヤモヤしてる時の心の声を書き出す。

3.その心の声に基づき、潜在意識下にある理想の自分を炙りだす。

4.その理想の自分を認知することでイライラ、モヤモヤは消えて無くなる

 

本にはもっと詳しく載っているが、簡単に紹介させてもらった。

俺は、理想の自分を認知するだけ?!
初めはそう思った。

 

その理想の自分との向き合い方や、変えたか、
理想の自分を発見した後のワークなどを期待したがそれらはどこにも載っていない。

 

ただ潜在意識の中にどんな理想の自分がいて、その理想の自分とのギャップによって
今の自分が苦しんでいることを知るだけでいいと。

 

そんなバカな。

 

 

そう思った。

 

しかし実際にやってみると

本当に心が軽くなるのだ。

 

俺の場合、どんな理想の自分が隠れていたのか紹介しよう。

 

 

俺はどういう時に、イライラ、モヤモヤするか。

 

日常生活の中で思い出してみる。

 

 

・LINEで無視された時

・誰かに嫌な態度をとられたとき

・自分の発言で相手が不機嫌になったとき

・他人に嫌われたとき

 

 

俺はこのようなことが起こるたびに、モヤモヤが心を占領する。

 

夜布団に入っても、

 

「なんで無視されたのかな・・・」

「なんか俺、気に障ること言ったかな・・・」

「怒ってないかな・・・」

「誤解してないかな・・・」

「なんであんな態度とってくるんだろう」

 

 

そんな声が頭の中をループしまくる。

 

 

大昔からそう。

 

小学校からずっと20年以上、そんな自分がいた。

 

 

ではそこに隠されている理想の自分とは一体なんなのか。

 

 

そこにはこんな理想の自分がいる

 

「みんなから愛される自分」

 

 

思い返すとずっとそうだ。

「誰にも嫌われたくない」

 

どんな人からもである。

 

 

何度も何度も割り切ろう、割り切ろうと思っても
無理なのである。

 

 

どうでもいい人から嫌われても、自分の心が痛む。

 

 

なぜだろうかと思っていた。

 

 

・LINEで無視された時

・誰かに嫌な態度をとられたとき

・自分の発言で相手が不機嫌になったとき

・他人に嫌われたとき

 

 

このような出来事が起きた時に、
自分は愛されていないと感じ、理想の自分とのギャップが生まれ
モヤモヤしてしまうのだ。

 

しかし、この本のおかげで潜在意識下に隠された理想の自分を見つけることができた。

 

 

「あぁそうか。俺は誰からも嫌われず、みんなから愛されるという理想の自分が
いたんだぁ〜」

 

そう認識した途端、

さっきまであったモヤモヤイライラはすーっと軽くなっていった。

 

 

(す、すげぇ。。。)

 

 

 

自分が苦しんだ時の対処法は学んだのだが、
俺はこれだけで終わらせなかった。

 

 

「みんなに愛される自分」

 

 

なぜこの理想が俺の心に入り込んできたのか?

 

 

誰かにいじめられたり虐げられた経験はない。

 

 

むしろ生まれた時からずっと愛されて恵まれた環境で育ってきた。
友達も多いし、いつもクラスの中心で人気者だった。

 

 

「あっ・・・・」

 

 

俺は気づいた。

 

 

小さい頃からたくさんの愛情を注がれた俺は親からいつも言われていた。

 

「みんなに愛されて育ったんだよ」

 

って。

 

幼稚園や小学校の時は、授業参観で学校の先生に言われた。

 

「クラスの人気者です。みんなに愛されています。」

 

って。

 

 

その度に親は

「みんなから愛されてすごいね、ずっと人気ものだね」

 

って。

 

 

 

 

あぁ、

 

どんな人からも愛され、好かれてきた幼少期、
「誰からも愛される」ということは俺という人間の価値を大きく決定する
とても重要な要素だったのだ。

 

みんなから愛されてきたと親に言われた。自分でもそう思っている。

そしてそんな俺を親は喜び大切に思ってくれる。

自分自身もそんな自分が大好きだ。

誰からも愛されるということは俺という人間を大きく構成するアイデンティティなのだ。

 

 

そんなあるべき自分が、揺るがされる事態、

それは人から拒絶された時なのである。

 

ちょっと無視されたり、嫌な態度をとられただけでも
取り乱してしまう。

喋ったこともない奴に悪口を言われたらずっとそのことばかりが頭を支配する。

 

なぜなら、価値ある理想の自分が遠のいてしまうからだ。

 

 

 

俺はこのことに気づけて本当に良かった。

 

 

今でも誰かから拒絶されれば凹むが、その度に

「あー、誰からも嫌われたくないっていう理想の自分がいるな〜」

って認識するだけで、スーッと心が軽くなる。

 

 

それを知ることができたこの本に感謝である。

これから生きる何十年、一冊の本のおかげで随分と生きやすくなったではないか。

 

 

何か生きずらさを感じている方々はぜひ、自分の心の中に隠れている理想の自分を
あぶり出し、それを認めて欲しい。

そしてその理想の自分がどういう経緯で創られたのか掘り下げていくのも面白い。

 

 

何か少しでも参考になってくれたなら嬉しい。

 

以上!!

 

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業

世界中の億万長者がたどりつく「心」の授業