おれの成功哲学

挑戦し続けること

マッチングアプリ(タップル)で出会ったブサイク女を抱いて思ったこと

 

f:id:Aki-ro:20181211090157p:plain

こんなひどいタイトルはつけたくないのだが、つけざるをえないくらい憂鬱な気持ちだ


この一週間でマッチングアプリ(タップル誕生)で知り合った二人の女性と過ごした。一人とはご飯を食べて終わりで、もう一人とは寝た。

今まで抱いた女性のなかで飛び切りブスで幸が薄く、初めてこんな嫌な気持ちになった。

今まで抱いた時は、好きじゃなくてもしたいと思ったし、可愛かったし興奮できた。
ただ今回は社交辞令で抱いただけ。

もうこういうことはしたくない。こんなしょーもない奴らと会って金も時間使っても
何もいいことがない。むしろ自分の価値を下げる。


まず最初の一人は、デブ。
会った瞬間思った。
「お前写真と全然違うやんけ???!!!」

スノーだとかなんだとかプリクラとか写真加工アプリは本当に腹がたつ。
それお前じゃないじゃん?って。これってただの詐欺でしょ??

しかもそのデブは高校から大学まで女子校で今まで彼氏がいたことがないらしい。
男にも全く慣れてなくて全然話してくれなかった。

今日は勇気を出して会ってくれたというが、食事中にスマホで他の人間とやりとりをしていたのでムカついて、おれは喋らなかった。

いつもなら優しくするし楽しませてあげるが、男との付き合い方を知らないとはいえ、悪気もないとはいえ、初めて会った人とご飯に行きながら携帯をいじるって常識とかマナーがないんだなと本当に嫌な気分になった。

頭の中でこのことやったら?とポジティブにイメトレしたが全くその気にならない。

あっちは何にも話さないし時々スマホをいじってはLINEをする。
さっさと帰りたかった。

最後の食事を済ませた後、すぐに会計を読んで店を出た。
そこでもおれの弱さなのだが、お金は全部おれが払った。
歳上だし当たり前だと思ったが、こんなクソみたいな女の子であればほんの少しでも出させればよかった。
とても楽しくいい時間を過ごさせてもらったのであればちゃんと全部出す。
そんなルールをちゃんと自分で持つべきなのだ。


そして抱いた二人目は、今までたくさんの男とやってきたらしい。
どうでもいい男とすぐにやってはまた別な男とやるという幸薄そうな女だった。
こういうタイプの女は情緒不安定だ。孤独や不安を埋めようと誰でもいいから男に抱かれてしまう。

全然したい気持ちにならなかったが社交辞令で抱きしめて、後に引けなかったのでそのまま寝た。


いつものパターンなのだが、いくらいろんな男と寝たやつでも絶対おれに依存してくる。言い寄られる。

「今までの人と違う・・・。」

とか言われて

「今日帰りたくない・・・・。」

とか。

さっきまで「明日朝早いから割と早く帰らないと」とか言ってたくせに
おれのことを知ったらそうなってしまうんだ。


どんな子だろうと、おれとの時間に対して居心地の良さを感じてくれる。
今までいろんな男に抱かれてもなんとも思わなかったけど、さっきあったおれに対してはすぐに好意を持ってくれる子がほとんど。

彼氏がいるからと安心して抱いたら、彼氏と別れたとか言い出して関係を迫られたり。

こんなこと言うと最低だと思われるかもしれないが、おれは都合のいい子が欲しかっただけなのだ。相手を傷つけずに、自分の欲望だけを発散させたい。
そんなクソみたいな思いがあった。そして今回もそんなクソみたいな思いでマッチングアプリに課金し始めたが結局はこんな気持ちになるだけ。


少しおれと過ごしただけで落ち着くといっておれから離れなかtたり、好きになってしまったり。それは自分という男に自信を与えてくれることではあるが、
自分は都合のいい関係を築くことが無理なんだなと思った。
それはおれが都合のいい男では終わらせられないくらいいい男だから。という訳ではなくおれがめちゃくちゃ弱いから。

どんな子だろうと優しく接してしまう。
それは優しいんじゃなくておれが人に嫌われるのを恐れてるから。

なぜかわからないがどんな人に対しても親切にしてしまうし優しくしてしまう。
よく彼女には他の女の子に優しくしすぎだと怒られていた。
それだけ分け隔てなく人によくしてしまうのだ。


相手のことを好きだろうと好きじゃなかろうと、一緒に寝ればいい時間を提供してしまう。自分だけの快楽じゃなくて相手のことを思ってしまう。

それはおれが人に嫌われたくないという弱い心を持っているからだ。


でももうこれが自分であり自分の良さでもあるとある程度開き直っている。


今回の件で学んだことは
1.写真は信じるな
2.自分の価値を下げるな
3.本当にいい女を抱け

ということである。

安い、そこらへんのしょーもない男に抱かれてるような女を抱いたって何にもならない。

特におれの場合はそんな女と関係を持った途端言い寄られて「あなたのために他の男を切ったのに!」とか頼んでもないのに言われたりする。

そんなやつと過ごしても自分の成長にならない。
男としてのセルフイメージも上がらない。


他の男が羨むような本当にすごい美人のいい女を抱いてこそ、自分のセルフイメージが上がりあらゆる分野で成功できるのだ。
美人と付き合っていくために必要なことはたくさんある。
美人と付き合うための条件を満たすということは社会で成功するということである。

おれは本当に素晴らしい女性を抱くことを目指して今後生きていかないとと
くだらない虚しい男女の関係を経験して学びました。

もうしません。


ご静聴ありがとうございました。反省と備忘録としてブログに綴らせていただきます。

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

嫌われる男こそ一流 (フォレスト2545新書)

嫌われる男こそ一流 (フォレスト2545新書)

 

 

 

www.philosophical-blog.com

 

スポンサードリンク