おれの成功哲学

挑戦し続けること

孤独を感じてつらい。人間は本来孤独であるが、それを忘れる方法があります。

f:id:Aki-ro:20190724154426p:plain

 

 

最近ものすごく孤独を感じる。

怖い。不安感が常に心の中にある。

 

失恋を経験して愛とは何か?について考え学んだ。

その時に参考にした本がこれだ。

「愛するということ」

 

愛するということ 新訳版

愛するということ 新訳版

 

 

この本に書かれていたこと全て腑に落ちて理解することは今の俺にはできなかったが
興味深い話があった。

 

人間は孤独であり、それを忘れるためにSEXしているのだと。

アーティストはものづくりを通して、作品と一体化することにより孤独を忘れているのだとか。

 

 

おれははっとした。

 

最近働きたくて仕方がない。(仕事がないのだ)

家の中に引きこもっていることが多い。
インスタもツイッターもフェイスブックも何もやらないから
外の世界との繋がりはスマホだけだ。

 

こんなにも世界から切り離された時期は20数年生きてきて一度もなかった。

 

言い様のないもやもやが心を支配する。

 

大声を張り上げたい。

 

 

こんなにも働きたいという思いは今まで感じたことがなかった。

 

俺は働きたくない人間だった。

毎月、不労所得が入れば働く必要なんてない。
お金のために働くなんてまっぴらだ。

俺は自由に生きていたい。

俺の時間を売りたくない。

 

そんなことを思っていた。

 

毎月何百万と口座に入ってきて、煩わしい人間関係なんてなしに

南の島でのんびりとだらだら過ごすなんてこの上ない幸せじゃないか。

 

 

そう思っていた。

 

 

でも今はそのさきに何が待ってるかわかる。

 

 

絶望的な孤独感だ。

 

 

最初の1週間ぐらい幸せだろう。

誰にも邪魔されず煩わしい人間関係もない。

 

 

でも自分が何者であり自分という存在がわからなくなるはずだ。

 

人は他者との繋がりなしには生きていけない。

 

なぜなら孤独だから。

 

自分は孤独じゃない!と強く信じている人がいると思う。

俺もそうだった。

 

でもはっきりわかる。

 

 

それって孤独を忘れてるだけだから。

 

会社という組織の歯車になったり、人と喧嘩したり、協力して仕事をしたり、

口説かれたり口説いたり、セックスしたり、SNSで発信したり悪口書かれたり

 

その状況は自分が一人じゃないことを忘れさせてくれる。

 

 

最近、時給千円のバイトをしただけでものすごい充実感を得た。

 

働くってなんて素晴らしいんだ!!!

 

そう思った。

 

自分という存在を他者の目を通して実感しているのだ。

誰かに貢献し、誰かが喜んでくれる。

 

そうして自分の小さな価値を感じ、孤独を忘れられる。

 

 

人間とはうまくできたものである。

 

 

孤独であるくせに孤独感に耐えられないようにできてるのだ。

 

 

引きこもりやニートはインターネットなしでは絶対にひきこもらないだろう。

 

彼らは自分の存在をネットを通して発信している。

 

自分はここにいるよ!!って。

 

それはyoutubeのコメント欄に悪口を書いたり、

世間で騒がれている悪者を散々たたいて正義を振りかざしたりする。

 

それは承認欲求だとか歪んだ正義感だとか色々言われるが

結局のところ、自分はここにいるよ!

って自分の存在を認めて欲しいのだ。

 

誰かからいいね!をもらったり返信が来たり議論を巻き起こしたり、

自分という存在によって他者と影響しあって孤独を忘れることができる。

 

人間のあらゆる活動は突き詰めると孤独を忘れるためなんだなーって

ほんっとうに感じる。

 

 

俺は猛烈に働きたい。

誰かに貢献したい。自分という価値を提供したい。

自分が価値のある人間だと感じたい。

それは友達が笑ってくれた時。女の子が喜んでくれた時。

クライアントが納得してくれた時。家族を楽しませた時。

 

俺という人間がここにいて社会と関わっていることを感じたい。

 

 

 

だが今の俺には仕事がない。

友達も忙しい。

彼女もいない。

 

 

孤独

 

 

だが強くこの孤独感に向き合おう。

人との繋がりや社会から切り離された時、

自分と向き合えるし時間だってある。

 

 

その時どう行動するかである。

 

 

人間の心の奥底に眠る、孤独とは何か?

について気づけたとも大きな収穫だ。

 

 

働こう

価値を与える人間になろう。

自分の孤独を忘れるために

 

 

自分の中に孤独を抱け (青春文庫)

自分の中に孤独を抱け (青春文庫)

 
スポンサードリンク