おれの成功哲学

挑戦し続けること

LINEpayがpaypayに対抗して20%オフキャンペーンを実施してるけどおれの選択は・・・。

 

f:id:Aki-ro:20181215121516p:plain

先日までpaypya旋風が吹き荒れ、世間を賑わしていたが、
開始10日ほどでpaypayの100億円キャッシュバックセールの予算が底をつき
paypayキャンペーンが終了した。

paypya終了のお知らせを待ってましたかのごとくLINEpayが20%キャンペーンを

12月14日〜12月31日まで開始したのだ。

ただ注意しなければいけないのが一人5000円までの還元

つまり25000円以上の商品はどれだけ買っても5000円までしか還元されない。


それに比べてpaypayのキャンペーンはすごかった。
毎月5万円までキャッシュバックされるのだ。1月に25万円まで20%オフの対象。

LINEpayと10倍の差である。



その上paypya決算だと、一定の確率で全額キャッシュバックになるので当たればとてつもないことになる。

また決済の時にも、全額キャッシュバックが当たるか!?というくじ引きのような楽しさがあり世間の購買意欲は爆発した。


paypayが盛り上がる中、俺は家の中で地べたをのたうちまわっていた。


f:id:Aki-ro:20181215122508p:plain

この苦しみはまさにオナ禁と同じレベル。


ただの20%オフならなんとか我慢できそうだが、全額キャッシュバックが超高確率で当たるのだ。



『ダイソン欲しい」「Macbook欲しい」

そんな気持ちを抑えて抑えて抑えまくった。


「今は必要ないじゃないか。今の生活で満ち足りてるじゃないか」


そう自分に言い聞かせ続け、ついにpaypyaキャンペーンが終了し、諦めがついて
心が執着から解放されてホッと一息ついていた。


その矢先だ・・・。

LINEpayキャンペーンが始まった。

おれははやきこと雷鳴のごとくLINEpayで決算した。



なぜならZOZOTOWNDで使えたから!!

おれはもう家電や家具、生活の質をあげるものよりも、自分自身を輝かせるものに投資しようと考えた。
今後の人生を考えたときに、いい洋服を着ておかないといけない。


paypayはファッション系が弱かった。
しかしLINEpayはzozotownで使えるとなれば電化製品に興味ない層もあっという間
LINEpayで決算するだろう。

パソコン、オーディオにちんぷんかんぷんな女の子たちもZOZOTOWNなら話が別だ。

LINEpayが使えるお店一覧

linepay.line.me

f:id:Aki-ro:20181215123303p:plain

居酒屋でお会計するのもアリだし、個人的にはLoftとzozotownが熱い




今後またこれに対抗してpaypayがキャンペーンを復活することが予想される。

なぜならpaypayキャンペーンの文言に、「追加で予算を投入する可能性もある」
と書いてあったからだ。


もしpaypayが復活したらどうなるだろうか。

答えは簡単。こうなる

f:id:Aki-ro:20181215123714p:plain

 

人が押し寄せビックカメラは崩壊するだろう。


なぜなら






「人間は一度取り上げられた権利を求め暴れ狂うから」

革命も、戦争も、恋愛もそう。


一度自分のものになった後に取り上げられると人は執着してしまう。

今どれだけの人がPayPayを利用できなかったことを後悔しているだろう。

もしその状況で期間限定で復活します!!と言ったらどうなるだろう?

この前のような思いはしたくない!

やっぱりPayPayは終わるんだ!!今しかないんだ!!


とほぼ全ての人が何かしら自分の本当に求めてないものまで買い求めるだろう。


おれもその一人だ。断言する。


もしPayPayが復活したら速攻でPayPay決算します。笑

最近は本を読んでお金に向き合っていたがちょっと年末年始は難しい。笑

それでも節約し倹約できる超人をおれは尊敬します。


おれのように世間やマーケティングに惑わされあらゆるものを買わされてしまう人間は
お金の勉強をした方がいいでしょう笑

実際これらの本を読んで、なぜ人がお金を払うのか、お金に対する人の心理というのを理解できた。人は損をしたくないしとにかく得がしたい。
得している人間を見ると自分が損したような気持ちになってしまう。

もう一度読み直します。

「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法

MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

スポンサードリンク