おれの成功哲学

挑戦し続けること

最も記憶に定着する勉強法

f:id:Aki-ro:20181110103415p:plain

メンタリストDaiGoのニコニコ生放送で紹介されていた勉強法がかなり良かったので
シェアしようと思う。
勉強は生きていく上で避けては通れない。学生時代は勉強が嫌で嫌で仕方がなく、早く勉強から解放されたいと思っていたが、大学を卒業して見ても勉強というのは一生続くのだなと感じた。でもその勉強というのは割と自分が学びたいことだったりやりたいことだったりと嫌々ながらやる勉強とは違う。だからモチベーションは五教科をやっていた時よりも保ちやすいが、やっぱりしんどいものはしんどい。
みんな自分のレベルを上げていくために勉強は必要なのだが、同じ時間勉強をしてもどんどん自分のものにしていくやつと何回やってもなかなか覚えられないやつとで分けられる。どれだけ勉強したかよりも何を意識して勉強したかによって長い目で見るととんでもない差になるのだ。
時間は神様に与えられた唯一平等の資産。その資産をもっと増やせるように効率の良い勉強法を知りそれを実践していくべきだと思う。

じゃあ早速紹介しよう!!


 

f:id:Aki-ro:20181110104454p:plain

人に教えるつもりで学ぶ

人に教えるつもりで学んでみてほしい。圧倒的に記憶の定着率が変わるから。
授業を受けながら、または参考書を見ている間、何かを学ぶにつけてどうやって自分なら人に説明するかなという視点で学ぶ。この学びを人に教えるんだ!という視点を持って勉強することで、自然と学んだことを自分の言葉に直し始める。じゃあ今日学んだことをわかりやすく教えるにはどうすれば良いか?自分の過去の経験にこんな出来事はなかったか?どういった例えを使えばわかりやすく説明できるか?そんなことを自然と考えるようになり圧倒的に記憶に残りやすい。
俺は必ず本を読んだり何か新しいことを学ぶときはブログに書くつもりで学んでいる。
どうブログで説明しようかと考えることにより、記憶に定着しやすくなった。

実際に教える

実際に人に教えて見るとものすごく記憶に残る。相手の状況を見ながらわかりやすいように頭をフル回転させて記憶から引っ張り出してくる。結局アウトプットすることが大事なのだ。人に教えていれば予期せぬ質問を受けることもある。相手が思ったよりも全然理解してくれないこともある。そう言った壁にぶつかった時に一生懸命人はわかるようにわかるようにと頭をフル回転させ自分の言葉になおしわかりやすい言葉を使い説明する。あとひとつポイントがある。それは10歳の子供にわかるように説明するということだ。言い換えるならばとてもわかりやすい言葉に変換すること。10歳の子供に説明するつもりで学び、10歳の子供に説明するように話すと圧倒的に記憶に残る。
この人に実際に教える場合、誰も教える人がいなければ、セミナー主催者や学校の先生のふりをして一人で説明しても十分に効果がある。こういったトレーニングを続けておけば大勢の前で何か説明を求められた時も瞬時に対応できるようになる。一石二鳥だ。

 

五感を使って学ぶ

特に単語を覚えるときなどに重要だ。声に出して、耳を使い、単語のイメージを頭にうかべ、単語に関係する状況を体で表現する。そうして五感を使って覚えたことは素早く記憶に定着しやすい。特に自分の声を自分の耳で聞く音読はあらゆる学習で効果があると言われている。音読によって前頭葉も鍛えられるし記憶にも定着しやすくなるしかなり良い学習方法である。俺も英単語を覚えるときは声に出し、その単語を使う状況を頭に浮かべ、身振り手振りを交えながら実際に文に混ぜて使ってみたりする。
こういうトレーニングを積んでいると、海外でとっさに普段使わないような単語が出てきたりする。ぜひやってみてほしい。

バラエティに富んだ勉強を

脳は飽きやすい。新しい刺激が大好きだ。同じやり方でずっと勉強していてもマンネリ化を引き起こし、勉強の効率は下がる。俺は受験の時に何回も何回も同じ参考書を解いて成績が上がっただけにこの方法は意外だった。俺が思うに、同じ参考書をその隅々まで何度もやることは大切だと思うが、勉強する場所を変えたり、勉強する順番を変えたりして新鮮さを常に出すことが大切なのだと思う。英語の勉強も同じリスニング教材ばかりではなく、今日はTOEIC,今日は日常会話、今日は映画のスクリプトからという風にバラエティに富ませることでいろんな音を聞くことができるようになるのだと思う。
俺も勉強には多様性を含ませるようにしている。

90分をサイクルを2回行う

人間には1日の中でガーッと集中できる時間が2回あるらしい。その2回は朝の時間。朝は本当に集中することができるゴールデンタイムだ。この朝をどう制するかで人生は決まってくる。集中できる時間は90分。90分一気に勉強して20分休憩しまた90分勉強する。90分の勉強の後には必ずご褒美を用意すること。コーヒーでも良いし何でも。ちなみにメンタリストDaiGoは90分集中できたら、amazonで本を購入しても良いというふうにしているらしい。面白い。普段の買い物も自分の集中や勉強のために利用するというのはとても良い方法だ。

勉強の合間に6分間ぼーっとする

何かを学んだあとは、6分間ボーーーっとすること。脳というのは何もしてない時にもちゃんと活動していて、学んだことを記憶に定着させようとしてくれている。
このボーーーっとするときにスマホを見たりテレビを見たりしてはいけない。目が疲れるし何かしら思考が動くからだ。あと瞑想も良くない。瞑想は何も考えないことに集中するからぼーっとするのとはまた意味が違ってくる。とにかく横になって目を閉じたりしてぼーっとする時間を作ってみよう。

 

いかがだっただろうか。
今後豊かな人生を歩む上で効率のいい勉強法を知り、実践することは多くのライバルと差をつけるだろう。
俺自身思うのは結局はアウトプットがすべてなのだと思う。アウトプットする時に自分の頭の中に定着すると。自分の言葉に直すことも五感を使うこともそれはある意味アウトプットだ。
メンタリストDaiGoの英語勉強法の本も面白かった。脳に記憶が定着するときというのは、思い出そうと思ってなかなか思い出せず苦しんでいる時だという。その苦しみが続けば続くほど思い出した時の定着率が上がると。だからみんな思い出そう思い出そうと苦しみましょうと。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

メンタリストDaiGoのニコ生 

 

400本以上の過去動画が全て560円で見放題。

俺はプレミアム会員にも登録して2倍速で聞いてる。

家事をしながらとか移動中とかに。

動画の時間は1時間以上あるのがほとんどで普通に聴いてると

かなり時間が取られてしまう。2倍速にすることで時間の節約と脳機能もUPにつながるのだ!

 

ニコニコ動画

 

 

 

科学的に正しい英語勉強法

科学的に正しい英語勉強法

 
スポンサードリンク