おれの成功哲学

挑戦し続けること

大人になってゲームがつまらなくなった理由を考えてみた

f:id:Aki-ro:20190520105957p:plain

 

先日、スウィッチを購入したが1習慣も経たないうちに売ってしまった。
もうおれはゲームを楽しむことができないのだ。

それがものすごくショックだった。

子供の頃はあんなに熱中したのに。
ゲームには夢と希望、ワクワクが詰まっていた。

それなのになんで・・・?

 

今日はその理由を考察してみた。

 

 

おれが初めてゲームをしたのはニンテンドー64だ。
友達の家でスマブラやマリオカート、ポケモンコロシアムなどを夢中になってプレイした。

楽しくて仕方がなかった。ポテチの油でコントローラーをベトベトにしながらプレイした。

次にプレイしたのはゲームボーイカラー。
おばあちゃんに誕生日プレゼントで買ってもらったものだ。

初めてのポケモンは金銀。

今でも神ゲーと評されるものだ。

あんな小さな薄っぺらいソフトに、ものすごい厚みのある物語が詰まっていた。
それが不思議でならなかった。


それからゲームボーイアドバンス、PS2、PSP、ゲームキューブ、DS、Wiiとプレイした。
部屋の机の上にはゲームのカセットが教科書がわりに並んだ。

 

それだけゲームが大好きで、ゲームの誘惑に負け続けたおれであったが、
受験をきっかけにゲームからは距離をおいた。

 

大学に入学し、一人暮らしがスタートした。

いくらゲームをしても誰にも怒られない環境なのにゲームをする気になれなかった。


ゲームをするよりも新しい環境に慣れることが必死だったのだろう。

 

 

しかし、一人暮らしにも慣れ、生活が安定してきたにも関わらずゲームをする気にはなれなかった。ネットやテレビを見れば、最新のゲームの広告が目に付く。
以前は「欲しい欲しい!」と頭がクラクラしたが
そんなこともなかった。 

 

その理由はゲームをする習慣がなくなってしまったからだろう。 
その時はそう思った。

ただ離れてしまった時間が長いからあの時の楽しさを忘れてしまっているだけだと。

 

だからもう一度3DSを購入し、大好きだったポケモンを買ってやってみた。

 

 

しかし、子供の頃のような新しいゲームを買ったワクワクした感情が出てこない。

 

箱からすぐに出して心臓がばくばくしながらゲームを起動したあの感覚が。

 

 

最初の3匹を選ぶ。
何十分も迷って選んですえ、他のキャラはどうだろうかと、ヒノアラシ、チコリータ、ワニノコそれぞれで全クリしたあの頃。

 

今ではビジュアル的に、、と速攻で水タイプを選択する。

 

最初の説明や村人との会話。

 

聞いててめんどくさい。どうでもいい。早く進めさせてくれ。

 

 

草むらに入る。ポケモンが出てくる。

 

 

「めんどくせぇ」

 

 

 

結局次の街のジムリーダーを倒してやめてしまった。

 

 

寂しくなった。

おれの心は荒んでしまったんだな。

あんな楽しかったポケモンも楽しめなくなってしまったんだなって。

 

 

でもなぜこんなにも楽しめなくなったのか。
よーく考察してみると色々思うことがある。

 

 

それは・・・・

 

 

自分が自由だから

おれたちがポケモンやドラゴンクエストに夢中になった子供時代、
とても不自由だった。
行きたい場所、やってみたいことはたくさんある。
でもお金なんて持ってない。車なんか運転できない。
できることは一生懸命自転車を漕ぐことだけだった。
それも校区内で。

「そっから先は行ったらダメ」「何時には帰ってきなさい」

それを守らなければ学校や家庭では大問題だった。

 

やってみたいけど制限が多すぎた。
子供という理由で入れない場所もたくさん。

だけどゲームの中は自由だった。

 

行ったらダメな場所なんかない。
(進み具合によっては行けない場所はあるけれども・・・)

 

あの草むらに入ったら何が出てくるんだろう?
あの洞窟の中はどうなってるんだろう?
この人に話しかけたらなんかくれるかな?

 

現実の生活でやりたいのにできない冒険が
ゲームの中ではできたのだ。

 

しかし大人になったらどうだろう?

 

自由だ。何をしても自由。何処へだって行けるしいくらでも稼げる。

 

もう子供の頃のように制限が全くない。自由であることへの責任は問われるが
本当に自分の好きなように何をしてもいい。


電車にも乗れる。働いてお金も稼げる。飛行機も乗れるし外国へも一人で行ける。 

秘伝マシンとポケモンがいなくても、「そらをとぶ」が使えるのだ。

そして何より、すげぇ奴らに会える。

 

今のおれはまさにそう。

「この人やばっ?!どんな生き方してるんだよっ!」

 

そんな人間に出会ってぶつかって経験値を増やすことが楽しい。

 ポケモンの世界で言えば、草むらでエンテイやライコウに出会うことだ。  

 

「なんだこの美女は??!!」

めっちゃ可愛くて綺麗な女の子との素敵な時間が楽しい。
「何が好き?」「休日は何してるの?」「どこか行きたいところある?」


ルギアに向かってなんどもモンスターボール投げ、おれのポケモンなることを
祈っているあの感覚。

 

大人になるとポケモンの世界より面白いことがたくさんあるのだ。

だから草むらに入ってポケモンのレベル上げをすることがめんどくさく感じる。

 

ポケモンのレベルをあげるよりおれのレベルを上げたい。

 

今ではそう思うようになってしまった。

 

 

「子供がゲームにハマって大変だ。」と騒ぐ大人がいる。でも
ゲームを本当に楽しめる気持ちを今は大事にして、思う存分やらせればいいんじゃないかな?と思う。

必ずゲームと離れなきゃ行けない人生のイベントはくるし、ゲームに熱中できなくなる
瞬間が訪れるから(現実世界に希望を見出した場合に限る)

 

 

 

ゲームより現実世界の冒険の方が楽しい、エキサイティングである。
というのが大きな理由であるがもう一つ。

 

大人として純粋に忙しいから。

 

というのも大きな理由だと思う。

 

子供の頃は考えることが圧倒的に少なかった。

 

明日の授業。
今週のイベント
友達と遊ぶ約束

 

それぐらいだ。

 

 

でも大人になったらどうだろう?

 

朝昼晩、何を食べるか?
炊事に選択、何を着ようか?
今月の収支はいくらだ、税金はいくらだ
仕事はうまくいくか?無事に終わらせられるか?
これから先の人生どうしよう?
お酒飲みたい、女抱きたい、あれ欲しい、これ欲しい、
昔はどうだった、誰に何を言われた、ムカついた。

 

もう1日の中で考えることが多すぎる。

やること、やらなきゃいけないことがこんなに多い中でゲームに熱中する方が難しい。

 

ゲームをやりながら先のことを考えてしまう。
今この瞬間のゲームを考えられなくなってしまう。


子供の頃は何にだって夢中になれたのだ。

 

まぁ子供のように戻って今に夢中になる方法ややり方はあるので
大人になってもそれを身につけ取り組んでいかなければならないのだが。

 

 

まぁそんこんなで

 

おれらは今、制限のない自由な世界で、何が起こるかわからない未来を、
不安と希望を抱きながら生きている。

大人として忙しい毎日を生きている。

 

そんなこんなで、ゲーム以上の楽しさを知ってしまったことと、
熱中できないほどやることが多い

っていうことにゲームがつまらなく感じる理由だ!!

と考察しました!

以上!!!

 

共感していただけたり、何か考えをコメントでいただけると勉強になります。

 

ありがとう!

スポンサードリンク