おれの成功哲学

挑戦し続けること

デリヘルを呼んだら写真とまったく違うブタが来た話。

f:id:Aki-ro:20190703112838p:plain

 

 

 

彼女と別れ、友達に裏切られ、仕事もうまくいかず、
本当にむしゃくしゃしていた。

 

 

「愛が欲しい」

 

 

「誰かに愛されたい」

 

 

 

人の肌が恋しくなった。

 

 

 

正直誰でもいい。

 

 

酔っ払いながら

 

「デリヘル」

 

 

 

と検索した。

 

 

 

 

人生二度目のデリヘルである。

 

 

 

別にやりたいとかじゃなくて、、

 

 

ただ女性の肌に触れていたかった。

 

 

 

 

寂しくて孤独で仕方なかったのだ。

 

 

 

 

色白の綺麗な子を指名した。

 

 

バスト、ウエスト、ヒップ

全て確認した。

 

 

うん、この子で大丈夫。

 

 

 

待つこと15分。

 

 

 

ピンポンがなり、玄関を開けると

 

 

男の人がいた。

 

 

「え?!」

 

 

 

前払い制になってまして、14000円いただきます。

 

 

 

(あ・・・はい)

 

 

 

 

 

そうして俺は言われるがままその男にお金を払った。

 

 

 

 

それから5分後、

 

 

 

再びピンポンが鳴った。

 

 

 

 

(さぁ来たぞ!!!)

 

 

 

そう思って玄関を開けると。、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Aki-ro:20190703121123p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(は?!誰っ????!!!!!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、、どうぞお上りください」

 

 

 

 

ソファに座らせる。

 

 

 

でも俺の思考は完全に停止いていた。

 

 

 

現実を受け入れられないのか

 

 

俺はスマホを握りしめ俯いていた。

 

 

 

 

(え・・・待って。違うじゃん。これ詐欺じゃん)

 

 

 

f:id:Aki-ro:20190703112838p:plain

 

 

 

色も体系も顔も何もかもが違う。

 

 

 

 

おかしいじゃん。

 

 

 

 

俺は店に電話をかけた。

 

 

 

「え?!違いますよね?全然違うじゃないですか」

 

 

 

 

 

「いや一応〇〇ちゃんですけど〜〜チェンジしますか?チェンジはプラス一万円かかりますけど〜〜」

 

 

 

 

全然やり合いたかったが、もう14000円を渡してしまっている。

 

 

クレームが出るレベルをわかってて先に男がお金を徴収したのだ。

 

 

あぁーーー。。

 

 

 

めんどくさい。

 

 

 

 

 

俺は部屋に戻り女を見る。

 

 

f:id:Aki-ro:20190703121123p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

(無理だ。。。罰ゲームじゃん。どうやったら勃つんだよ・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ごめんなさい。もう今日はいいので帰ってください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は14000円を払って家にデブを呼んですぐに返した。

 

 

 

 

何やってんだろ。

 

 

 

ますます悲しくなる今日この頃。

 

 

 

 

 

本当の恋愛がしたい。

 

 

 

 

あの子とご飯に行きたい。

 

 

 

 

またスピリチュアル本でも読もうか。

 

 

 

 

 

はxあぁぁ〜〜〜〜

 

 

 

 

以上!!!

 

 

 

俺よりマシだからみんなが頑張れ!

 

スポンサードリンク