おれの成功哲学

挑戦し続けること

二人の熱い対談が心に響いたのでまとめて見た。メンタリストDaiGoと城田優がニコ生でチャンネル開設 

f:id:Aki-ro:20180429110128p:plain

メンタリストDaiGoと俳優の城田優がニコニコ生放送でチャンネルを開設したので

早速登録して初回の放送を聞いた。

チャンネルのコンセプトはDaiGoが心理学的見地から自分の内面を変える方法を提案し

俳優である城田優が俳優としての技術を用いてそれらをどう応用させるかを教えると

いうもの。他人になってしまう俳優の技術と自分の内面を変える心理学両方を学ぶこと

ができるのだ。

第一回目の放送はテレビでは見ることができないような城田優のキャラクターに

すっかりファンになってしまった。

メンタルがとても弱い話や、プロデューサーにボロカス言われた話、二人がそれぞれに

テレビ業界や日本人の現状について熱く語ってくれて、何度でも自分のモチベーション

を高めるために聞きたい内容だった。城田優は男前だけどナイーブで繊細で、でも

色々考えててかっこよかった。

 

 

テレビ業界の闇

テレビ業界は権力や金にまみれて闇が深い。テレビには大金を出してくれるスポンサー

がいる。スポンサーの意向に沿ったものだけが放送され、それに合わない発言をする

タレントや俳優はテレビに出ることができない。テレビに出るということは結局の所

自分を殺して嘘をつき続けなければいけないのだと思った。

また、テレビは連日、殺人事件や事故、悲惨でネガティブな情報を垂れ流している。

これもスポンサーにとって実は利益があるのだ。

殺人事件や悲惨な事故のニュースの後には全く関係のない明るく愉快なCMが流れる。

ネガティブなニュースで暗い気持ちになった視聴者は無意識のうちに憂さ晴らしを

したいと考え、CMによって購買意欲を一段と高められるというのだ。

CMを流すスポンサーにとってはテレビで暗いニュースがバンバン流れると嬉しいとい

うわけだ。さらにアメリカの研究でわかったのがネガティブなニュースは自殺したいけ

れどその勇気がない人たちの潜在意識に働きたかけ、地域での事故率、飛行機の墜落率

が上昇したのだ。映像や言葉が人間の脳に与える影響というのは思っている以上に

大きなものがある。結局のところテレビは人の不幸の上に成り立つ産業なのだ。

城田優はテレビが全然面白くないとはっきりと言っていた。テレビに出るタレントにも

関わらずこういう発言をはっきりと言ってくれるところにまた好感を持った。

今のテレビはやってはいけないことを排除していき、やれることだけでなんとか番組を

作ろうとしている。昔のようにテレビが面白く無くなってしまったと。テレビ業界が

倒れて、全部ネットに移行した時、本当に面白いものを作りたい人たちがバンバン出て

きていいものができるのではないかと言っていた。

俺もそう思う。テレビの力はどんどん弱くなっていっている。若者はテレビよりも

スマホでyoutubeを見ることに夢中だ。タレントもどんどんネットの世界の方に

降りてくることが予想される。

f:id:Aki-ro:20180429114846p:plain

失敗を許せない人たち

DaiGoは政治家の不倫や有名人の事故に対して社会が厳しすぎることに疑問を呈した。

政治家が不倫で解職される意味がわからない。彼らにして欲しいことはきちんとした

国を守る仕事であり、不倫したかなんて関係ないと。

まさにその通りだ。日本は他人の失敗に厳しすぎる。人間は完璧じゃない。

誰だってそうなのに他人に完璧であるように求める。一人が何か大きな失敗をした時に

二度と立ち上がれないように叩きまくり、舞台から引きずり下ろす。

芥川龍之介は不倫に自殺に散々やっても芥川賞の大先生だ。

ジャスティンビーバーも飲酒運転やドラッグに問題行動ばかりでも

世界的なアーティスト。

DaiGoがいうには失敗を受け入れられない国民性というのがそれぞれの国にあるらしい

そしてやばいことに、他人の失敗を許せない人間は自分の失敗も許せないそうだ。

SNSで叩きまくり悪口や不平不満ばかり垂れる人間は脳がネガティブなものを見るよう

にシフトされ、自分の人生において嫌なものばかり見えるようになる。

結局のところ、他人を許せなかったり人の悪口を言うことは自分で自分の首を

じわじわじわと締めることになっているのだ。

 

失敗することの大切さ

失敗から這い上がった人間の物語を読むと自分もそう言う体験をしたように錯覚し

自信がつくそうだ。失敗しても大丈夫だと!という気持ちにさせてくれる。

何か挑戦する時、失敗を恐れる自分がいたらそう言った人々の物語を読むといいかも

しれない。

 

経営者やリーダー人の上に立つ人間が多くの人々をまとめあげ成果を出すために

必要なことがある。どれだけ失敗してきたかという弱さを見せることだ。

社長が俺はこれだけ失敗して失敗して這い上がってきたんだ!と言う人生を見せること

で、部下は、失敗してもいいんだ!挑戦することが大切なんだと気持ちになる。

リーダーとしての必須条件は何度も失敗して這い上がってきた経験なのだ。

 

 

いかがだっただろうか。

 

俺はとにかく失敗の話が面白かった。

将来、起業もしたいしプロジェクトを立ち上げリーダーになることもあるだろう。

その時のために今の自分がしなければいけないのは失敗なのだ。

多くの失敗をした人間ほど魅力的になる。

日本人に生まれその国民性と教育から何かに挑戦したり失敗することを恐れがちで

あるが、それらをはねのけ挑戦してたくさん失敗しよう。いくらでも恥かいてやろう。

そう決意させてくれた二人の対談だった。

 

 

メンタリストDaiGoのニコ生 

 

400本以上の過去動画が全て560円で見放題。

俺はプレミアム会員にも登録して2倍速で聞いてる。

家事をしながらとか移動中とかに。

動画の時間は1時間以上あるのがほとんどで普通に聴いてると

かなり時間が取られてしまう。2倍速にすることで時間の節約と脳機能もUPにつながるのだ!

ただし2倍速ができるのはプレミアム会員のみ。
しかもプレミアム会員場合、毎月500円もかかってしまう。
Daigo
のチャンネルとプレミアム会員合わせて毎月1000円ほど。
本一冊の値段と得られる知識を相対的に見ると、、まぁいいか。

ニコニコ動画

 

スポンサードリンク