おれの成功哲学

挑戦し続けること

自分のことを一般化されるとムカつく。人をパターンで判断しないようにしよう。

f:id:Aki-ro:20190522132541p:plain

 

 

最近億劫ではあるが自分の学びのために人と会うようにしている。

そこでまたムカつくことを言われた。

でも自分が何か嫌な思いをしたということは、それだけの学びがそこには隠されている。

今日はおれが人に言われてムカついた経験から、何を学んだかをシェアしたいと思う。

 

 

 

歳上のおじさんに気に入られることが多い。
今回もそのパターンで一緒に飲みに言った。

 

 

お酒も回って楽しく話した。
おっさんの昔話などを聴きながら
「すごいですね〜!」

と相槌をうっていた。(本当に感心している)

 

でもその内容に、おれの価値観に合わないものがあって、

「おれはそれはちょっと違うんじゃないかな〜と思うんですよね。
おれの場合は〇〇しちゃいますね。そういう考えを大切にしてるので〜」

 

と自分の考えを少しぶつけてみた。


おっさんを気持ちよく話させてやれよっ!

 

と思うかもしれないが、おれはキャバ嬢でもないし接待をしてるわけでもない。
あくまで対等に付き合ってるつもりだ。
歳上だから、今後の自分の仕事につながるかもと媚びへつらったりするつもりはない。

 

だから、おかしいと思うことにはおかしいと言うし、あえて自分の意見をぶつけることもある。

 

 

そんな考えから、自分の意見をはさんでみたのだが、

 

それに対するおっさんの受け答えにムカついた。

 

 

「よく〇〇を大切にする〜とか言うじゃん。おれの周りにもいるんだよ。そうゆうやつら。よくいる。でも大抵そんなこと言ってるやつって仕事あんまできないし、信頼できないんだよね。あっ、もちろん君もそうだって言ってるわけじゃなくて、その可能性もあるのかな?って心配して言っただけだから!心配してるだけ!その傾向があるかもしれないよ?って」

 

 

おれがなんでムカついたのか?

 

遠回しに、君は仕事ができない人だ。君は信頼できない可能性がある。と言われたからではない。

 

 

出会って間もない関係であり、おれのことなんか何も知らないくせに、
たった一言取り上げて、おっさんの周りにいるやつらと一括りにされることにムカつくのだ。

 

 

心理学や科学の話でよく聞く話だ。

B型の人は自己中

長男はしっかりしている

末っ子は甘えん坊だから

一人っ子はわがまま

父親がいない女の子はおじさんを好きになる

田舎育ちは優しい

日本人は謙虚

 

いろんなパターンやカテゴリは存在するだろう。それは認める。
それに統計や心理学的にそうなる可能性が高いこともあるだろう。それも認める。
難しく感じるような様々な事柄をパターン化して一般化することが学問でもある。
それも認める。

 

 

 

 

でもね、、

 

 

いざ自分という存在がパターン化されてカテゴリに分けられると
めっちゃムカつく。。

 

おれはその中の一人であることは絶対に認めない。

 

 

 

 

お前はおれの何を知ってるの?

 

たった一つ、おれの発言と大事に思っている価値観を取り上げて、

それを自分の過去のパターンにはめ込んで、目の前のおれを見ないでほしい。

 

 

 

お前の知ってる人間たちと一緒にすんな。

 

 

鬱陶しんじゃボケが。何よりそのおまえのしたり顔が。

 

 

 

でも、冷静に自分を省みるとおれだってやっていたことだ。

 

f:id:Aki-ro:20190522143604j:plain

 

 

「そういう行動する人間って言うのは実はこんなトラウマがあるんだよ〜」

 

「大学でタバコ吸っていきってるやつって大抵高校時代陰キャラだよね〜」

 

「この歳でカッコつけてるやつって、学生時代にやることやってこなかったやつだよね〜」

 

「人脈、人脈っていう奴らをおれはよく見てきたけど、うまくいってるやつ見たことないや〜」

 

 

 

うん。おれだってめちゃくちゃいってきた。

 

そして厄介なのが、


相手をパターン化して一般化してる時っていうのは

 

 

 

自分が上になったようで気持ちよくなっている

 

 

 

私はあなたみたいな人間はたくさん見てきましたと。

 

人生経験は豊かですと。

 

私に分析によるとですね〜と。

 

 

相手は自分の冷静な分析の範疇の捉えられる存在であるとでも
言うのか、そうやって相手を見るときに自分はどうしても上から目線になり
気持ちよくなるのだ。

 

 

 

人間というものは学習して生きている。

 

いろんな出来事を経験しパターン化することによって次に生かしていく。

 

花火って綺麗だな!ちょっと触ってみよう!えっ?!!熱い、痛いっ。
火傷した。火には触ってはいけないんだ。
火=危険なものなんだ。

 

雨の日にサンダルを履いて滑った。それもなんども。
雨の日にサンダルを履くと危ない。これからはやめよう。

 

歳下の男と付き合ったら、甘えられて大変な思いをした。
歳下の男は甘えてくる。危険だ。



デートの時に、割り勘させる男と付き合ってみたらろくな男じゃなかった。
割り勘させる男は恋愛対象にはならない。

 

 

などなど。

 

 

俺たちはそうやって経験し、学び、パターンを作り上げ、
それを元に時間を無駄にしないよう、嫌な思いをまたしないように効率よく生きている。

 

だからパターン化したり、一般化して物事を考えるのは当たり前のことだし
効率よく生きていく上でとても大切なことである。

 

しかしだ。

 

 

いざそこに自分が当てはめられると、

 

 

ほんっとにムカつく。

 

 

おれの何しってんだよ?

 

 

そんなやつらと一緒にすんなよって?

 

 

確かに火は危険だよ。でもものすごく役に立つよね。

滑ったのはサンダルの材質が悪かったからだよ。滑らないサンダルもあるよ。

歳下だけど自立してしっかりしてる男だっているよ。

割り勘させたのは、ちゃんとお金を払っておれと付き合っていく意思があるか見たかったからだよ。

 

って。

 

 

いろんな可能性やそのパターンを外れることだってあるのだ。

 

 

人ならなおさら。

 

 

そしてなぜおれが一般化されることが嫌なのか。

 

 

 

 

それは

 

 

 

f:id:Aki-ro:20190522144942j:plain

自分が特別な存在でありたいからだ。

 

 

 

「普通の人と違うね!!」

「えっ!面白いね!こんな人あったことない!」

 

 

そう言われるとき、

 

 

ほんっとうに嬉しい。

 

 

自分が他人より秀でてるとかどうとかっていうより、
人と違う唯一無二の存在だと相手が認めてくれている時、

本当に自分の存在を見て肯定してくれてるのだなと嬉しく思う。

 

 

 

だからね、おれは人付き合いをしていく中で、
どうしてもその人の言動を過去の人間たちと照らし合わせて
一般化し、あるカテゴリーに入れて、その人のことを分析してしまいたくなるんだけど、(そうしていいんだけど・・・)
その人にはその分析結果を伝えたりしないようにしようと思った。

 

何より、過去の人と比べて判断するんじゃなくて、
今、目の前にいるその人に集中して、その人の存在を唯一無二のものだと認めようと思った。

 

 

 

よく、男たちが恋愛でやる間違いだ。

 

この女のパターンは〇〇をすると落ちる!!

 

 

そうやって目の前の女性に対して一つのカテゴリに入れ込んで接する。

 

こんなことして相手は嬉しいのか?

相手を特別な存在であるとして、認めていないんじゃないか?

 

 

そうやって目の前の相手を見ずに、マニュアルに従った結果、
相手は無意識にしっかり感じるのだ。

 

「この人は私のこと見てないな。」って

 

もしかしたら、その女性への有効な手段はマニュアル通りであるかもしれない。

 

でもその日の女性の気分や、仕事やプライベートなどの出来事だって毎日変化しているのだ。

 

目の前の女性に仕草や表情、いろんなものから察してその人だけを見なきゃいけない。

 

 

 

おれは恋愛ではちゃんとやってたはずなのに、
人と付き合う時にはできてなかった。

 

ちょっと気になる発言をされたら、
こういうこというパターンねぇ〜

と勝手に相手を決めつけ、見下し、それ以上接点は持たない。

 

今回人に言われて自分の今までの欠点に気づくことができた。

 

 

ありがとうございます!感謝!
次に活かしていきます!!

 

ということで、

 

あなたがこれから豊かに生きていく上での何かヒントになればと思います。

 

以上!

 

Learn Better ― 頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better ― 頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

 

 

スポンサードリンク