おれの成功哲学

挑戦し続けること

朝の最強の習慣『バターコーヒー』に必要な道具たち

 

f:id:Aki-ro:20181204104442p:plain

俺が朝必ず行なっている最強の習慣の一つに「バターコーヒー」がある。
バターコーヒーを飲むことによって空腹が抑えられ断食状態を維持することができる。
断食についての健康効果は計り知れない。朝は人体の排出の時間であるのでこの時間はお腹に何も入れないほうがいい。そして空腹感は人間の長寿遺伝子をONにする。
バターコーヒーは固形物ではないので飲んだとしても断食しているのと同じらしい。朝少し空腹を感じてもバターコーヒーを飲んでしまえばなんてことない。
しかもバターとMCTオイルの効果で脂肪をエネルギーとし活動できるため頭も体もちゃんと働き活動的に過ごせる。そしてカフェインの覚醒作用で朝から超フルテンションモードに突入。朝のゴールデンタイムをこれでもかと言うほど有効に使うことができるのだ。今日はそんな俺の最強の朝のパートナー、バターコーヒーの作り方と必要な道具を教えよう!

グラスフェッドバターとは?MCTオイルとは?

グラスフェッドバターとは、牧草を飼料として育てられた牛のミルクからできるバターです。 牧草のみで育ちました グラスフェッド(grass-fed)は、牧草(=grass)のみを与えられて(=fed)育った、という意味。

「MCTオイルとその効果とは」

matome.naver.jp


まぁとにかくすばらしい効果を持っているグラスフェッドバターとMCTオイルをコーヒーに入れて最高の1日を過ごすというのがコンセプトだ


バターコーヒーの効果

バターコーヒーに期待できる効果は以下の通りだ

  1. カフェインによる基礎代謝UPと覚醒作用
  2. 良質な脂質により空腹感を抑えられる
  3. 良質な脂質により中性脂肪の減少

人間のエネルギーの源には2つある。糖質と、脂質だ。糖質は言うまでもなく炭水化物や甘いものに含まれる。これはブドウ糖として脳や体の栄養源になる。そしてもう一つ、脂肪がケトン体として脳や体のエネルギー源になるのだ。糖質制限をして痩せる理由はそこにある。糖質を制限することにより、体がエネルギーを生み出さなきゃ!と考える。どこから生み出すかと言うと脂肪を分解してケトン体を作り出すのだ。脂肪を分解することによってエネルギーを生み出す。だから痩せるのだ。
バターコーヒーを飲めば朝から昼を超えて活動するためのエネルギーが糖質ではなく脂質から取ることができる。さらに、糖質のように血糖値をあげることもなく胃腸への負担もかからない。血糖値が上昇して眠気やだるさに襲われることもなく、消化に負担を与えることなくエネルギーを蓄えることができるのだ。
その上カフェインによって脳が覚醒し、朝の最も集中できるゴールデンタイムをスーパーサイヤ人状態で迎えることができる。
結果としてバターコーヒーは能力を最大限に発揮させる上にダイエット効果もあると言うことだ!!

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーの作り方は極めてシンプル。

  • コーヒー
  • グラスフェッドバターorグラスフェッドギー
  • MCTオイル or ココナッツオイル

この3つを混ぜて飲むだけ。ただ注意としてMCTオイルは摂取しすぎると下痢を起こしてしまうので飲みすぎないように。オイルはお腹を緩くしてしまう。

ただグラスフェッドバターというのがめちゃくちゃ高い。海外では日本と比べとても安く売っているのだが、日本が輸入する場合は関税がかかりめちゃくちゃ高くなる。
アマゾンで何キロかを冷凍で注文してもまぁまぁ高くつく。
だから俺は代用としてグラスフェッドギーというもので作っている。
グラスフェッドギー以外にも、四つ葉の無塩バターやカルピス無塩バターでも作ることは可能。
ただやはりグラスフェッドバターとして売られているものの方が脂肪はつきにくいと思うし、ダイエット効果を高めたいのであればグラスフェッドバターの方がいいと思う。
またMCTオイルもココナッツオイルで代用可能。
ココナッツオイルから抽出したものがMCTオイルであるからココナッツオイルでもOKなのだ。ただココナッツオイルの場合はココナッツの風味がする上に冬場は固まりいちいちスプーンが必要でめんどくさい。
MCTオイルの方がココナッツオイルよりも中鎖脂肪酸の純度が高く液体としてすぐにコップに入れられるためおすすめだ。

ギー・イージー 200g

ギー・イージー 200g

 

 

バターコーヒーに必要な道具

バターコーヒーを美味しく作るための道具を紹介しよう。
どうせ飲むなら美味しく飲みたい。そのために俺は3つの道具を揃えた。
まずフレンチプレス。おれはカルディでコーヒー豆を購入する際に「フレンチプレス用でお願いします。」といってフレンチプレス用に豆を挽いてもらって購入している。
フレンチプレスはコーヒー豆のオイルも一緒にいただくことができ、誰でも簡単に美味しいコーヒーを入れることができる。
そして一番重要なのが、「ブレンダー」だ。
こいつでブイィィーーンッ!!!と混ぜ合わせることでオイルとバターが全体に馴染みさらに泡立ってお店で飲むようなコーヒーになる。これをするかどうかでめちゃくちゃ味が変わるのでぜひ試してみてほしい。それになんだかんだ楽しい笑
必要ないかなと思っていたがこれを使用してからめんどくさくも感じていたコーヒーが楽しく作れるようになった。
最後に必要なのはもちろんコーヒー豆を入れるキャニスター。ドトールの200gのコーヒーがちょうど入るから重宝している。

 

 

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10682-01J

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10682-01J

 

これが一人分にちょうどよく最も値段が安いフレンチプレス。

 

寝る前に豆乳ココアを飲むときも使っている。使うのと使わないのでは全然違う。

 

スプーンもついてかっこいいコーヒーキャニスター

フレンチプレスの入れ方はこちら


フレンチプレスの淹れ方 - MARUYAMA COFFEE

健康や自己啓発に熱心な同志のみんな!ぜひお試しあれ!



スポンサードリンク